Des choses que le jeune frère du starets Zosime a vu à la fin de sa vie

Posted in Expositions with tags , , , , , on novembre 10, 2016 by kenwada

Cette aquarelle est vendue au 7 novembre 2016.
Je l’aimais bien depuis longtemps.
Merci beaucoup!

この水彩画は右側のCatégories のlittérature の中にありますが、
当時この小説の特にこのゾシマ長老の一代記の箇所が大変好きで、
何度も繰り返し読んだ後、制作にかかった思い出があります。
以来、長い間大切に思い続けてきた作品でしたが、
先日気に入って下さった方のところへと手元を離れて行きました。
この場をお借りして、感謝の気持ちをお伝えできればと思います。
本当にありがとうございました。

ゾシマ長老の若い兄が最期に見たもの
Osaka, JAPON, Collection particulière
個人所蔵、大阪府大東市

Des choses que le jeune frère du starets Zosime a vu à la fin de sa vie, janvier 2010
par le roman “Les Frères Karamazov” de Dostoïevski
Aquarelle sur papier, 24.2×33.3cm

ゾシマ長老の若い兄が最期に見たもの、2010年1月
ドストエフスキーの小説「カラマーゾフの兄弟」より
紙に水彩、24.2×33.3cm

L’extrait du texte;
…Le temps était devenu clair et serein, l’air embaumé; Pâques tombait tard cette année-là.
Il toussait toute la nuit, dormait mal, le matin il s’habillait, essayait de se mettre dans un fauteuil.
…Je te dirai encore, mère, que chacun de nous est coupable devant tous pour tous et pour tout, et moi plus que les autres.»
…Ma chère maman, ma joie adorée (il avait de ces mots caressants, inattendus), sache qu’en vérité chacun est coupable devant tous pour tous et pour tout.
…Sa chambre donnait sur le jardin, planté de vieux arbres; les bourgeons avaient poussé, les oiseaux étaient arrivés, ils chantaient sous ses fenêtres, lui prenait plaisir à les regarder, et voilà qu’il se mit à leur demander aussi pardon: «Oiseaux du bon Dieu, joyeux oiseaux, pardonnez-moi, car j’ai péché aussi envers vous.»
Aucun de nous ne put alors le comprendre, et il pleurait de joie: «Oui, la gloire de Dieu m’entourait: les oiseaux, les arbres, les prairies, le ciel; moi seul je vivais dans la honte, déshonorant la création, je n’en remarquais ni la beauté ni la gloire.
…Il me fit signe d’approcher, mit ses mains sur mes épaules, me regarda avec tendresse durant une minute, sans dire un mot:
«Eh bien! va jouer maintenant, vis pour moi!»

本文テクストの抜粋
・・・空も晴れ、明るく、かぐわしい日々が訪れてきた。その年の復活祭は遅かった。
覚えているが、夜どおし兄は咳きこみ、ろくに眠れもしないのに、朝になるといつもきちんとした服に着がえ、柔らかい安楽椅子に座ろうとするのだった。
・・・もうひとつ、母さんに行っておくけど、ぼくらはみんな、すべての人に対してすべての点で罪があるんだよ、ぼくはそのなかでもいちばん罪が重い」
・・・「母さん、ぼくと血を分けた大好きな母さん(彼は思いもかけず、このような優しい言葉を口にするようになっていた)、わかってほしいのは、ほんとうに人間のだれもが、すべての人、すべてのものに対して罪があるということなんだ。
・・・兄のいる部屋の窓は庭に面していて、庭には老木が影を落とし、春の若芽が萌え出て、気の早い鳥たちが飛んできては窓の外から兄に向かって囀り、歌うのだった。すると彼はふと、鳥たちの姿にじっと見とれながら、小鳥たちにまで許しを請いはじめた。
「神の小鳥たち、嬉しげな鳥たち、君たちもこのぼくを許しておくれ、だってぼくは君たちにも罪をおかしたんだからね」
こうなるともう当時のだれひとりとして理解できなかったが、兄は喜びのあまり泣いているのだ。「そう、ぼくのまわりにはこんなにすばらしい神の栄光が満ちていた。鳥たち、木々、草原、空。なのにぼくだけが恥辱のなかで生きていて、ひとりずっと万物を汚し、美しさや栄光にまったく気づかずにいたんだ」
・・・わたしをみて手招きしたので傍に寄ると、兄はわたしの肩に両手を乗せ、感動と愛情をこめてじっと顔を見つめた。ひとことも口をきかず、そうして一分ばかり見つめるだけだったが、やがて「さあ、もう遊びにお行き、ぼくの代わりに生きるんだよ!」と言った。

(「カラマーゾフの兄弟2」ドストエフスキー、亀山郁夫氏訳、光文社古典新訳文庫より、漢字、ひらがな等原文のまま)

「和田健アートギャラリー」OPENのお知らせ!

Posted in Expositions with tags , , , , , , , on juin 17, 2015 by kenwada

皆様、こんにちは。

2008年10月にフランスで、LA GALERIE DE KEN WADA 1を
始めてから6年8ヶ月が経ちました。

この度、LA GALERIE DE KEN WADA1と2 の1000点近くの
絵画の中から、45点をダイジェストで選び、販売も兼ねた
新しいサイト「和田健アートギャラリー」をOPENします。

フランスはパリ時代の懐かしい作品から、
樹木に囲まれた北軽井沢の現在の作品まで、
様々な絵画を網羅していますので、
是非この機会にご利用いただければと思います。

LA GALERIE DE KEN WADA1と2の2つのサイトでも、
これまでと同様に日々の活動をご紹介していきますので、
引き続きどうぞよろしくお願い致します。

2015年6月16日、東京にて
和田健

「和田健アートギャラリー」
http://gallerywada.com/

オーヴェール・スュル・オワーズの観光協会

Posted in Uncategorized with tags , , , on novembre 1, 2011 by kenwada

De Ken Wada, une réinterprétation de l’Escalier d’Auvers
« L’escalier d’Auvers sur Oise de Van Gogh », 2008
Aquarelle sur papier
30x22cm
Bruno Lannuelさん、Claudie Grillet-goubeさん、Françoise Lechemindespeintresさん、他3人が「いいね!」と言っています。

 

ゴッホ終焉の地、オーヴェール・スュル・オワーズ市の観光協会から問い合わせがあり、
僕の「ゴッホが描いたオーヴェール・スュル・オワーズの「階段」」の絵が観光協会の
Facebook のサイトで今年4月から紹介されています。
この絵は、2008年5月20日に現地で描いた3枚の内の1枚です。
ゴッホの足跡をたどり、オーヴェールを何回か、またアルル、サンレミ・ドゥ・プロヴァンスも訪れました。
僕がパリで最初に暮らしたモンマルトルのコンスタンス街15番地のアパートは、
ゴッホが画商の弟テオを頼ってパリに出てきた時に住んだレピック街54番地のアパートから
徒歩2分くらいのところにありました。
毎日、「1886ー1888年、ゴッホここに住む」の石碑(プレート)を見上げていたこと・・・、懐かしいです。
auvers sur oise

@Officetourisme auvers sur oise
De Ken Wada, une réinterprétation de l’Escalier d’Auvers « L’escalier d’Auvers sur Oise de Van Gogh », 2008… http://fb.me/JOcBj63f

Lilas Conutsさんの詩

Posted in Uncategorized with tags , , , on novembre 1, 2011 by kenwada

皆さん、こんにちは。
フランスの詩人Lilas Conutsさんから、僕の絵「マントノンの夜」を自分の詩に使いたい
と言われましたのでご紹介します。
よかったら彼女のホームページも見て下さい。
http://lilasconuts.wordpress.com/
僕の »LA GALERIE DE KEN WADA 2″ もよろしくお願いします。

Un poète a illustré un de ses poèmes de mon aquarelle « La nuit de Maintenon ».
Je vous présente le poème et  l’adresse de son site.
http://lilasconuts.wordpress.com/
Merci!

30/10/2011 by

Bleu

.

Mon blues et moi sommes de vieux potes
Prince de mes mirages, spectre de mon désert
De ses humeurs il m’emprisonne
Se délectant d’amer, d’hier et de colère
Malgré ma quête d’un antidote
Moi possédée lui vieille icône

Pauvre tête de linotte
Déchirée, déconfite
Voltigeuse manchote
Envoûtée et maudite

À lui donner un nom je l’appellerai félin
Vilain, lointain et inhumain
À lui donner un corps je le nommerai fou
Doux remous, andalous, jaloux
À lui donner une âme, il a déjà la mienne
Vilaine païenne, porcelaine

Acolyte composite
Souffle lourd de mystères
Champ de forces séculaires
Complexe dynamite.

Lilas Conuts ( 17/10/2007 )

Peinture: Ken Wada https://kenwada.wordpress.com/2009/01/17/la-nuit-de-maintenon/

Annonce de LA GALERIE DE KEN WADA 2

Posted in Uncategorized with tags , on juillet 21, 2011 by kenwada

J’ai commencé LA GALERIE DE KEN WADA 2 le 21 juillet.
Merci pour accéder l’adresse dessous.

予定より少し早く7月21日に、LA GALERIE DE KEN WADA 2 を始めました。
僕の作品の「第2部」を是非ご覧下さい。
引き続き今後ともよろしくお願い致します。

LA GALERIE DE KEN WADA 2
http://kenwada2.wordpress.com/

Au revoir!

Posted in Uncategorized with tags , on juillet 3, 2011 by kenwada


Mon atelier, le 30 novembre 2010


Mon atelier, le 30 juin 2011

Je ferme “La Galerie de Ken WADA” aujourd’hui.
Merci à tous!
Merci à la France pour ces 7 ans!
Je vais continuer à peindre à Tokyo, JAPON.
Je vais vous annoncer quand je commence “La Galerie de Ken WADA Ⅱ” dans quelque semaines.
Au revoir!
A bientôt!

今日でこの「La Galerie de Ken WADA」を終わります。  
今まで熱心に観て下さった皆様、本当にありがとうございました。
最後は自分の仕事場であるアトリエの写真にしました。

誰一人知り合いのいないフランスに2004年4月1日に着いて以来7年間、ひたすら全力で描きました。
制作意欲は年々さらに高まってきていることを感じますので、
近いうちに始める予定の「La Galerie de Ken WADAⅡ」でまたお会いしましょう。
ひとまず、Au revoir!
そして、A bientôt!

Annonce de la fête d’au revoir

Posted in Uncategorized with tags on juin 20, 2011 by kenwada

Chers les amis,

Bonjour!
Comment allez-vous?

J’ai décidé de quitter la France au début de juillet.
Ma mère est tombée malade d’hémorragie sous-arachnoïdienne à la fin de février.
Heureusement elle a été sauvée, mais elle a besoin d’aide pour vivre.
J’ai décidé de vivre avec elle à Tokyo.

J’ai eu de belle expérience de la vie en France.
Je vous remercie infiniment de me avoir aidé.
Avec cette expérience, je vais faire des nouveaux challenges à Tokyo!

Je vous invite à la fête d’au revoir chez nous à Maintenon.

dimanche 26 juin à partir de 12h (vous pouvez arriver quand vous voulez dans l’après-midi) 
7, Boulevard Carnot 28130 Maintenon
06.16.33.35.07

Bien amicalement,

Ken WADA
 
お友達の皆様へ

こんにちは。
お元気でいらっしゃいますか?
この度、私は日本へ完全帰国することになりました。
2月の末に母がくも膜下出血に倒れ、幸い一命は取り留めましたが、
今後は家族が助けて暮らしていかなければならない状態となったため、帰国を決めました。
7月上旬より、東京へ移ります。

私は7年、妻は10年半のフランス生活に区切りをつけることとなりました。
私達にとって、フランスでの仕事と生活は大変貴重な経験となり、
お世話になった皆様には、心から感謝の気持ちでいっぱいです。
今後はこの経験を糧として、東京で新たな活動を展開していく心づもりです。

最後に、お世話になった皆様をお招きして、マントノンの自宅にて、さよならパーティーを開きたいと思います。
不便な場所ではありますが、また引越荷物の整理で散らかっている最中ではありますが、ご都合がよろしければ是非いらしてください。

日時:6月26日(日)正午より(午後いつでもご都合の良い時間にいらしてください)
場所:7, Bouleverd Carnot 28130 Maintenon
連絡先:06-16-33-35-07

和田 健