Archive pour exposition

Des choses que le jeune frère du starets Zosime a vu à la fin de sa vie

Posted in Expositions with tags , , , , , on novembre 10, 2016 by kenwada

Cette aquarelle est vendue au 7 novembre 2016.
Je l’aimais bien depuis longtemps.
Merci beaucoup!

この水彩画は右側のCatégories のlittérature の中にありますが、
当時この小説の特にこのゾシマ長老の一代記の箇所が大変好きで、
何度も繰り返し読んだ後、制作にかかった思い出があります。
以来、長い間大切に思い続けてきた作品でしたが、
先日気に入って下さった方のところへと手元を離れて行きました。
この場を借りて、感謝の気持ちをお伝えできればと思います。
本当にありがとうございました。

ゾシマ長老の若い兄が最期に見たもの
Osaka, JAPON, Collection particulière
個人所蔵、大阪府大東市

Des choses que le jeune frère du starets Zosime a vu à la fin de sa vie, janvier 2010
par le roman “Les Frères Karamazov” de Dostoïevski
Aquarelle sur papier, 24.2×33.3cm

ゾシマ長老の若い兄が最期に見たもの、2010年1月
ドストエフスキーの小説「カラマーゾフの兄弟」より
紙に水彩、24.2×33.3cm

L’extrait du texte;
…Le temps était devenu clair et serein, l’air embaumé; Pâques tombait tard cette année-là.
Il toussait toute la nuit, dormait mal, le matin il s’habillait, essayait de se mettre dans un fauteuil.
…Je te dirai encore, mère, que chacun de nous est coupable devant tous pour tous et pour tout, et moi plus que les autres.»
…Ma chère maman, ma joie adorée (il avait de ces mots caressants, inattendus), sache qu’en vérité chacun est coupable devant tous pour tous et pour tout.
…Sa chambre donnait sur le jardin, planté de vieux arbres; les bourgeons avaient poussé, les oiseaux étaient arrivés, ils chantaient sous ses fenêtres, lui prenait plaisir à les regarder, et voilà qu’il se mit à leur demander aussi pardon: «Oiseaux du bon Dieu, joyeux oiseaux, pardonnez-moi, car j’ai péché aussi envers vous.»
Aucun de nous ne put alors le comprendre, et il pleurait de joie: «Oui, la gloire de Dieu m’entourait: les oiseaux, les arbres, les prairies, le ciel; moi seul je vivais dans la honte, déshonorant la création, je n’en remarquais ni la beauté ni la gloire.
…Il me fit signe d’approcher, mit ses mains sur mes épaules, me regarda avec tendresse durant une minute, sans dire un mot:
«Eh bien! va jouer maintenant, vis pour moi!»

本文テクストの抜粋
・・・空も晴れ、明るく、かぐわしい日々が訪れてきた。その年の復活祭は遅かった。
覚えているが、夜どおし兄は咳きこみ、ろくに眠れもしないのに、朝になるといつもきちんとした服に着がえ、柔らかい安楽椅子に座ろうとするのだった。
・・・もうひとつ、母さんに行っておくけど、ぼくらはみんな、すべての人に対してすべての点で罪があるんだよ、ぼくはそのなかでもいちばん罪が重い」
・・・「母さん、ぼくと血を分けた大好きな母さん(彼は思いもかけず、このような優しい言葉を口にするようになっていた)、わかってほしいのは、ほんとうに人間のだれもが、すべての人、すべてのものに対して罪があるということなんだ。
・・・兄のいる部屋の窓は庭に面していて、庭には老木が影を落とし、春の若芽が萌え出て、気の早い鳥たちが飛んできては窓の外から兄に向かって囀り、歌うのだった。すると彼はふと、鳥たちの姿にじっと見とれながら、小鳥たちにまで許しを請いはじめた。
「神の小鳥たち、嬉しげな鳥たち、君たちもこのぼくを許しておくれ、だってぼくは君たちにも罪をおかしたんだからね」
こうなるともう当時のだれひとりとして理解できなかったが、兄は喜びのあまり泣いているのだ。「そう、ぼくのまわりにはこんなにすばらしい神の栄光が満ちていた。鳥たち、木々、草原、空。なのにぼくだけが恥辱のなかで生きていて、ひとりずっと万物を汚し、美しさや栄光にまったく気づかずにいたんだ」
・・・わたしをみて手招きしたので傍に寄ると、兄はわたしの肩に両手を乗せ、感動と愛情をこめてじっと顔を見つめた。ひとことも口をきかず、そうして一分ばかり見つめるだけだったが、やがて「さあ、もう遊びにお行き、ぼくの代わりに生きるんだよ!」と言った。

(「カラマーゾフの兄弟2」ドストエフスキー、亀山郁夫氏訳、光文社古典新訳文庫より、漢字、ひらがな等原文のまま)

Publicités

「和田健アートギャラリー」OPENのお知らせ!

Posted in Expositions with tags , , , , , , , on juin 17, 2015 by kenwada

皆様、こんにちは。

2008年10月にフランスで、LA GALERIE DE KEN WADA 1を
始めてから6年8ヶ月が経ちました。

この度、LA GALERIE DE KEN WADA1と2 の1000点近くの
絵画の中から、45点をダイジェストで選び、販売も兼ねた
新しいサイト「和田健アートギャラリー」をOPENします。

フランスはパリ時代の懐かしい作品から、
樹木に囲まれた北軽井沢の現在の作品まで、
様々な絵画を網羅していますので、
是非この機会にご利用いただければと思います。

LA GALERIE DE KEN WADA1と2の2つのサイトでも、
これまでと同様に日々の活動をご紹介していきますので、
引き続きどうぞよろしくお願い致します。

2015年6月16日、東京にて
和田健

「和田健アートギャラリー」
http://gallerywada.com/

“L’Église de Hanches 9, 10, 11 et 12” dans la grande vitrine!

Posted in Expositions, L'Eglise (The Old Church) with tags , , , , , , , , , , , , , , , , on février 20, 2011 by kenwada

Le printemps arrive bientôt!
J’expose “L’Église de Hanches 9, 10, 11 et 12” dans la grande vitrine! 

Remerciements: Mme GUILVARD et Mme et M. BÉNÉTEAU
Adresse: 7, Boulevard Carnot 28130 MAINTENON

“Les champs de Maintenon 11 sous la neige” dans la grande vitrine!

Posted in Expositions with tags , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , on février 4, 2011 by kenwada

J’expose “Les champs de Maintenon 11 sous la neige” dans la grande vitrine!

Les champs de Maintenon 11 sous la neige, février 2010
Maintenon, Eure-et-Loir
Huile sur toile, 97×195cm

The fields of Maintenon 11 under the snow, February 2010
Maintenon, Eure-et-Loir
Oil on canvas, 97×195cm

雪に覆われたマントノンの畑11、2010年2月
ウール・エ・ロワール県マントノン
画布に油彩、97×195cm

Remerciements: Mme GUILVARD et Mme et M. BÉNÊTEAU
Adresse: 7, Boulevard Carnot 28130 MAINTENON

Embrasement du soleil couchant 22

Posted in Embrasement du soleil couchant, Expositions with tags , , , , , , , , , , , , , , , , , , on janvier 11, 2011 by kenwada

“Embrasement du soleil couchant 22”est vendu le samedi 8 janvier 2011.
C’était le dernier jour de mon exposition à Monts-sur-Guesnes, Vienne!
Une dame qui habite dans la région a acheté le tableau.
Merci beaucoup!
Et Mme et M. WARD m’a proposé encore une exposition chez eux.
J’étais heureux!
Je vais exposer mes tableaux le vendredi 25 mars 2011.

1月8日(土)に「夕焼け22」が売れました。
この日は、ヴィエンヌ県モン・スュル・グエンでの展示の最終日でした。
その地域に住む御婦人が購入して下さいました。
展示をしていたホテルの御夫妻からの要望で、3月末からまた展示をすることに
なりました。
展示する絵や枚数、運搬方法などの細かい打ち合わせをして、
ホテルに一泊して帰りました。

Saires, Vienne, FRANCE, Collection particulière

Mon Exposition Prochaine à Chartres!

Posted in Expositions with tags , , , , , , on janvier 10, 2011 by kenwada

J’ai passé un contrat avec l’Office de Tourisme de Chartres le jeudi 6 janvier 2011.
Donc je vous annonce officiellement mon exposition prochaine à Chartres.

Mon exposition individuelle
du vendredi 10 juin au mercredi 15 juin 2011 (6 jours)
Maison du Saumon (Salon Guy Nicot, 1er étage)
8-10 Place de la Poissonnerie, 28000 CHARTRES
Vernissage: le vendredi 10 juin de 18h à 20h
La Maison du Saumon est un monument historique situé à côté de
la cathédrale de Chartres.

1月6日(木)にシャルトルの観光協会と契約を結びましたので、
私のフランスでの次の個展を正式にご案内します。

2011年6月10日(金)から6月15日(水)の6日間、
シャルトルの歴史的建造物「メゾン・デュ・サーモン」にて行います。
ヴェルニサージュは、6月10日(金)の18時から20時です。
歴史的建造物の中の大きな会場で行われる個展が今からとても楽しみです。
場所は世界遺産のシャルトルの大聖堂より徒歩1、2分です。
この個展に向けての構想は、昨年11月の始め頃に固まりましたので、
今後の制作に集中していきます。
シャルトルの観光協会が後援として冊子での広報や小型ポスター、ビラ等で
個展の宣伝をしてくれます。

Mon Exposition au Centre Culturel de MAINTENON! 11

Posted in Expositions with tags , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , on décembre 13, 2010 by kenwada

Mon exposition individuelle a été terminée hier soir.
Finalement il y avait 88 visiteurs pendant les 9 jours d’exposition.
Et le vernissage, plus environ 30 personnes…

Ce n’était pas facile en semaine à cause de la neige.
Par exemple, le jeudi dernier, il y avait seulement un visiteur.
C’était très dur pour moi.
Mais finalement, 88 visiteurs…, je voudrais remercier toutes les personnes qui sont venues à mon exposition.
Notamment, Monsieur le maire, il est venu quatre fois à l’exposition!
Merci beaucoup, Monsieur le maire!

La vie d’artiste est toujours difficile, mais j’espère qu’on connaît le nom de “Ken WADA” peu à peu.
Et j’ai beaucoup appris des choses de cette exposition.
C’était une bonne expérience pour mon avenir.
Je vais continuer à peindre.
Merci beaucoup!

昨晩、個展が終わりました。
私にとって2008年3月、2009年12月の個展と並んで、非常に厳しい個展となりました。
天候にも恵まれず、特に先週の水曜日、木曜日の歩行もままならない程の大雪にはまいりました。
最終的には88名の参観者に加え、ヴェルニサージュの時に約30名の方が来て絵を観て下さいました。
いらして下さった2名の日本人の方にも心から御礼申し上げます。
個展の間、会場の中で、一人で延々と芸術や絵について、また個展というものについて考え続けました。
この厳しさが芸術家としての足腰(体力)を作ってくれると思いますが、これは言葉で言うのは簡単ですが、一年間この日のために準備してきて、誰も来ない会場の中で一人で考え続けるというのは大変なことです。
パリに2004年に着いた時以来、自分に負けてメソメソしている位なら、次の日の午前中には荷物をまとめて完全帰国する気持ちでやってきました。
言葉の壁、人種の壁、フランスに親・兄弟・親戚のいない私たち日本人夫婦の壁、・・・厳しい経済状態の中の挑戦はこれからも続きます。
今までたくさんの絵を買っていただいてきましたが、最終日に、あるマダムが一枚買って下さった時、人の情をいただいて心の中で泣きました。
苦しかった今回の個展。でも個展を繰り返すことでしか芸術家は学べないのかもしれませんね。
芸術の国フランスで絵を描いて何とかしようなんて、厳しいのは当たり前、2005年6月の初個展以来、個展が終わったら、翌日の遅くとも朝9時には制作を始めるという自分との約束を果たしてまたスタートしました。